慶良間諸島の調べ

どうも、こんにちは(´∀`)


今回もそれなりに早い更新になりますね!



タイトルの通り慶良間諸島まで行ってきました_(┐「ε:)_



今回のタイトルは前回の奄美に引き続き、「調べ」です。

「調べ」シリーズ、続けられたら私も楽しいんですけど、当分の間はお休みが決まってます(´ー`)



今後はブログの更新が途絶える可能性もありますが、よろしくお願いします。





本題に入ります。

今回は沖縄本島からも日帰りで行ける慶良間諸島へ行きました。


位置としては本島中部から西になります。

地図を用意できたらいいのですが、色んな権利とかあるので、お調べになってください(`_´)ゞ


前回、奄美に行った理由として温暖化によるサンゴの生息域の北上がある訳で(あとお金)正直、沖縄の本島にあまり期待してませんでしたσ(^_^;)


そんな訳で本島のビーチエントリーはまるで考えてなかったので少し離れた慶良間諸島に行くとなったのでございます。



慶良間諸島と言えば慶良間ブルーなんて言葉がありますね。


慶良間諸島の海は世界でも透明度が高いんですね。

なので海の底まで光が届くので綺麗な青になる訳です(確かそうだったはず)



今回は日程の関係で泳げる日は一日だけ。

失敗は許されない(`・ω・´)


ダイビングショップにお願いしました。


船を出してもらって何箇所か回ってそのまま帰るかたちになります。


f:id:kumasakanana:20180413175401j:plain

船です。二階にもいけます!

自分で言うのもあれですが、唐突に始めたなぁ…

構わない!W(`0`)W


出航!

f:id:kumasakanana:20180413175537j:plain



出発してから約一時間


島が見えます。

f:id:kumasakanana:20180413175633j:plain

もちろん、諸島ですからこの写真以外の島も沢山ありますが綺麗に撮れてません!


まずはここで泳ぎました_(┐「ε:)_

f:id:kumasakanana:20180414131647j:plain

ちょうど島と島の間になってます。

なので流れはとても穏やか( ^ω^ )

f:id:kumasakanana:20180414131838j:plain

こちらは水面。

とても淡い水色と言ったところでしょうか!

天気が良かったのもありますが、素晴らしい透明度ですd( ̄  ̄)

この場所で水深5〜7mです。



印象としては魚種が豊富でサンゴは小さめでした。


奄美のウミキノコのような大きいソフトコーラルも割とよく見る丸くて大きくなるやつ(名前はちょっと覚えてないです)などと、ありそうなものがないと言った感じになります。


ですが、個体数としては中々な数でした。

恐らく今まで行った海で1番多かったはず・:*+.\*1/.:+


ですが、やはり小さいですね…(^_^;)



それではお写真のコーナーになります。

f:id:kumasakanana:20180414132629j:plain

ちょうど中央に見えるのは有名な有名なニシキヤッコでございます!



これは大興奮((((;゚Д゚)))))))


なんと2匹も居たんですね〜(о´∀`о)

(写真には写っていません)


仲良くしてましたね٩( ᐛ )و


入ってすぐの事だったので驚きました。


他にも何匹か写ってますが、判別不能です(^人^)


アマミクロスズメダイは見えますww


アマミクロスズメダイもいましたね…


奄美の固有種という訳ではなさそうですね(*_*)

日本近海の固有種でも貴重な魚になりますから良いもの見れたと言うことで(`・∀・´)


f:id:kumasakanana:20180414212125j:plain

続いて、ハマクマノミ

自然界で見るのは恐らく10年ぶり?


幼き頃に行った宮古島以来だったと思います。他のクマノミには会いますが、ハマクマノミは意外と出会わないですね( ´_ゝ`)


住んでたイソギンチャクはタマイタダキイソギンチャクだそうで、自分は見つけられなかったのでお写真はないです。


f:id:kumasakanana:20180414212816j:plain

ヒフキアイゴです。

たーくさん居ました!

こういった中型(20cm〜)の魚はあまり見かけることは少なかった(奄美において)のですが、慶良間は沢山居ましたね(^_^*)

f:id:kumasakanana:20180417213312j:plain

ブダイの仲間でしょうか🤔

ここまで来ると中々わかりませんね(u_u)サイズとしては30〜40cmぐらいになります。

f:id:kumasakanana:20180417213505j:plain

こちらはハギの仲間と思われます。

色合いとしてはパウダーブルータンの青の部分を暗くした体色になります。

f:id:kumasakanana:20180417213638j:plain

さてさて、こちらのお魚は私が個人的にそれなりに顔見知りで好きなお魚ですが、なんでしょう?


てれってっれってー♪(世◯不思議◯見)



正解はサザナミヤッコ!


水深10m超えたところにいたので、写真は凄く撮りにくく頑張ってこのレベル(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


なのでお願いして、撮ってもらいましたww

f:id:kumasakanana:20180417214031j:plain

良い体色ですよね(*´ω`*)

水槽飼育でもここまで色を出すのは結構な苦労が必要かと思われます(`・∀・´)

自然ならではの体色ですね!


(実は別個体です。少し離れた場所にいたので同じ個体かもしれませんが、時間も経ってたので2匹いたと考えるのが普通でしょうか🤔)


f:id:kumasakanana:20180417214454j:plain

こちらはスダレチョウチョウオかと思われる個体です。

本で調べました。柄と生息地だけで結論を出しているので信じないでください。



自分で言うのもですが、綺麗に撮れていますねd(^_^o)

ちなみに拡大するとこんな感じです。

f:id:kumasakanana:20180417215153j:plain

フランスパンすら食べるらしいです。


f:id:kumasakanana:20180511121100j:plain

イカです。

群になって漂ってましたね(・Д・)

手前にある透明な筒の中に赤い玉が入っているのは卵だそうです。

何の卵かは忘れました(^_^;)

f:id:kumasakanana:20180529200706j:plain

アップで見るとこんなのです。


f:id:kumasakanana:20180516160418j:plain

こちらは恐らくカガミチョウチョウオです。

この種は割とレアらしく、流通量も少ないそうです(゚∀゚)

ただ、不思議な事にお値段は安めになってますw

生息域は沖縄に多く、日本にしかいないそうです。 いいもの見れました(*'▽'*)


f:id:kumasakanana:20180516161128j:plain

クラゲです。何クラゲかはわかりません!


ここからサンゴまでの写真は全て撮ってもらったものになります。

f:id:kumasakanana:20180529200755j:plain

ハタゴイソギンチャク(?)とカクレクマノミになります。

f:id:kumasakanana:20180529201024j:plain

ペアですね!恐らく同じ個体だと思われます。



f:id:kumasakanana:20180529201155j:plain

ハマクマノミとタマイタダキイソギンチャクです。

下品な話をするとこのイソギンチャクにはオッパ◯イソギンチャクなんていう名前もあるそうですww

恐らくですが、先程書いたハマクマノミです。


f:id:kumasakanana:20180529214338j:plain

ウミガメも沢山いました。

合計でなんと、4匹!!!

流石に多すぎて途中からカメよりヤッコ!なんて言ってましたw




ここからはサンゴになります。

f:id:kumasakanana:20180417215349j:plain

f:id:kumasakanana:20180417215449j:plain

うーん!広がってますねーー!

素晴らしいですね!!!!

サンゴ保護のためか、これより奥にはあまり行かせてもらえませんでしたが、少しでも見せてくれただけで感謝感謝(*´∀`)♪



ただ前の方に書いた通りサンゴが小さいなという印象を受けたかと思います(−_−;)



贅沢なことを言ってしまうとミドリイシに群がるデバスズメ!みたいな光景を期待していたので……(^◇^;)


もっと深場と浅瀬の間のような所に行けばありそうですが、その辺りの捜索はもっと後の事になりそうです……



もちろん何個か大きいのもありました!

f:id:kumasakanana:20180418162048j:plain

比較するものがないので分かりにくいですが、かなり大きいです2×4m

程あったと思います。

f:id:kumasakanana:20180418162316j:plain

綺麗なピンクでございます。

こういったピンク色のサンゴは所々に見られました。

しかし青色のサンゴは奄美に比べて少なかったですね…

透明度の違いによる波長の違いか、種類か、水質か、原因は何か分かりません( ̄ー ̄)


f:id:kumasakanana:20180418162637j:plain

こういった階段状かつ色んな種類が混じっているのは興奮しますね♪( ´▽`)




まとめ

・魚は多種多様

・サンゴは多いが小さい

・透明度が高い



この3点です。



良くも悪くも奄美とは違った海でした。

好きな海を見つけてそこに入り浸るのも楽しそうな楽しみ方ですね!


僕個人としては魚の種類が多い慶良間も捨てがたいですが、ボートシュノーケルをしてないので期待も込めて奄美派という事で( ´∀`)




今回も綺麗な海でした〜!


それではさようなら〜o(^▽^)o


*1: °ω°

新しいお仲間

こんにちは(´ω`)


前回の更新からおよそ40日が経っています。


前回のブログでは

「新しい子を迎えに行っている最中」

と書き、あれから40日………




Twitterやらずにブログだけの更新ならとんでもないブログですね( ̄^ ̄)



本題に入ります。


まず、キンギョハナダイのペアをお迎えしました。

f:id:kumasakanana:20180310094021j:plain

ぱっと見た感じだと両方雌ですが、片方は背びれが立ってきている状態です。



入海してからは、それはもう仲良く泳いでいました( ´∀`)



ですが、ふと思いました。



「メスの方がデカイ………?」




普通だと大きい方がオスへと変わっていくハナダイですが、、、

メスの方がデカイ!と言うことです。


店にいた時から同じ水槽で過ごしていた者同士、折合いはついてるものかと思っていました_φ(・_・



環境が変わったせいでしょうか。


メスがオス化してきました(⌒-⌒; )



今では時々、(元々メスの)オスが(元々オスの)オスを追っかけることさえあります…( ´_ゝ`)



とりあえず、(元々オスの)オスは元気なのでこのままにしておきます。




隔離すれば?




と思った方もいると思います。


隔離しない理由を簡単に説明します。



キンギョハナダイは自然の海ではハーレムを形成しています。


ハーレムとはオスが1匹に対してメスが沢山いる状態のことです。人間の物と大して変わりません。

他の生き物だとライオンもハーレムです。



このハーレムなんですが、オスにも限界がもちろんあります。

メスがあまりにも増えすぎると、メスの中からオスが現れ、ハーレムは2つに分かれていきます。



ですが、オスにはある願望があります。


「他の奴には俺の女は渡さない!」


ということで、オス化するメスを攻撃することが見受けられるそうです。(とあるダイバーの方が見たそうです)





うちの水槽の中ではメスがオスをメスに戻そうとする、真逆の事が起きていますが、恐らくなんとかするんじゃないかな……?と思ったのでこのままに!




ヤバくなったら隔離します(^_^;)




キンギョハナダイが入海してから少ししてホンソメワケベラをお迎えしました。

f:id:kumasakanana:20180310095945j:plain


この子は残念ながら長生きさしてあげることができませんでした。



ホンソメワケベラは口も胃も小さく餌を食いだめすることはできないので難しい種類みたいです。


餌を満足に食べさせてあげることさえできれば、飼育はそこまで難しくないようです。




餌はキンギョハナダイが大半を食べていました(ーー;)


それからサンゴも入れました!

f:id:kumasakanana:20180310155556j:plain

オタバサンゴという種類です。


餌をあげるとイソギンチャクのように縮んで食べますd( ̄  ̄)


子株もすでにいくつか出てきてるので今後増えていくのでしょうね(o^^o)




これでおしまいです。

最後にお写真を載せておきます。


それではさようなら〜(・◇・)/~~~



f:id:kumasakanana:20180310155917j:plain

f:id:kumasakanana:20180310155942j:plain

f:id:kumasakanana:20180310160013j:plain

デスロックについて

こんにちは(`・∀・´)

今回は早い更新になるでしょう!


今回の更新はお話したいことがあるので早いのです( ・∇・)


別に新しい子をお迎えしたわけではないですw

今、お迎えに向かってますが、


とか、思わせぶりな事を言ってもタイトルを見ればわかっちゃうので話の本筋に行きます。



皆さん、デスロックをご存知でしょうか。

こんな記事を読んでる方でしょうから知らない方はかなり少ないのではないでしょうか(´ω`)



アクアやってる若造が言うとデスロックとは

「ライブロックが死んだもの」

と言う感じになります。


細かく説明しますと、

ライブロックは数多くの微生物が住んでいる岩になります。サンゴの化石が元になってないとダメなどあるそうですが、多孔質で微生物がついていればいいのではないでしょうか?(ろ材は外しますww)

デスロックはこう言った微生物が死んだ、もしくはいない岩の事を指します。


死因は様々です。

水流の当たり方、運搬による乾燥などなど………


ただ、自然の中では死ぬことは滅多にないでしょう。

水槽内ではどれだけ上手くやっていても死んでしまうとも言われてます。


こうして死んでしまった岩をどうするかと言う話に進んで行きます。


そのままでは使えないどころか悪影響になるので、水槽から出してしまいます。


このまま捨てても勿論構いません。

でもいい形だったり、思い入れがあったり勿体なく感じますよねσ(^_^;)


なので死んだライブロック(デスロック)を綺麗なデスロックにしてしまう訳です。


塩素漬けにしたり、煮込んだり、天日干しにしたり、やり方は様々です。(長くなるので省きます)



うちでも色んな理由でデスロックを作りました。


やり方は先程書いたもののフルコースですww


デスロック作りにおいて成功は「匂いが無くなること」です٩( ᐛ )و


結果から言いますと、匂いはとれませんでした。

つまり、失敗です( ;∀;)


一回やってその時は諦め、最近再び塩素漬けしても上手くいかなかったんですよね。


でまあ、この記事を書いてる訳ですが、




ふと思ったんです。

「このやり方あってるの?」



正直こんな事書くつもりなかったので製造過程の写真は撮ってないです。なので、「お前が間違えてるだけじゃないの?」と言われればそうかもしれません。


断っておくとしたら、

お店、インターネットなどから情報を集め、実践しました。

勿論、言われた通りに。




合ってるのかと、思ったのには自分ができなかった以外に根拠があります。


天日干しも塩素漬けも煮込みも効果は「殺菌」なんです。



さて、ここで爆弾💣を落としますよ



💣↓

殺した菌はどこいったの?



は?と思った方もいるでしょう(^_^*)



殺した菌が残っていればそのままでは害にしかなりませんよね?


洗えば落ちるの???


そんな簡単に落ちるものでしょうか🤔


ライブロックを入れる時に表面のゴミや死骸を取るのに「キュアリング」しますよね?


同じ様にやれば殺した菌も落ちるんでしょうか?






やってみました。






他にも菌を分解するためにバクテリアを入れた水を用意し、漬け込み、エアレーションを行いました。


理論では、

バクテリアが殺した菌を食べ

エアレーションが殺した菌を落としてくれる。


完璧な作戦・:*+.\*1/.:+


(アホか)



作戦は見事に失敗!!!!



それでは失敗したお写真の公開とします。

f:id:kumasakanana:20180128140505j:plain

ヘドロ(?)がありました。

見た目ほど臭いはキツくありません。

(岩は割りました)

f:id:kumasakanana:20180128154004j:plain

同じ岩の枝の部分。こちらにヘドロはなし。

spsの真ん中は空洞なんですね(´∀`)


f:id:kumasakanana:20180128154143j:plain

こちらは別の岩。

この岩はとても「生きて」ました。

そのせいか、臭いは割っても割らなくてもキツイです。

f:id:kumasakanana:20180128154332j:plain

上の岩の別の部分。

汚れている部分、綺麗な部分とはっきり分かれているのが、わかりますね。


今回はこれでおしまいです。

話たいことは先に話したので締めの話はないです。


さようなら〜(^_^*)



*1: °ω°

復帰?

どうも、こんにちは(`・∀・´)


今回は特に前置きはありません。

(これ、前置き?)


前回はコケリウムになっていた私の水槽ですが、無事に元の海水水槽に還りました(о´∀`о)


綺麗になるものですね(^ω^)

あれから少ししてエメラルドグリーンクラブを2匹お招きしました。


すぐに隠れるので生憎ですが、お写真はございませぬ。


こうしてコケは減りました(;´Д`A



ですが、コケは1種類ではありませんね(´ω`)

次はアカゴケが発生!


海水において最も厄介なのではないでしょうか?

緑コケや茶コケは貝やカエルウオ、ハギが食べてくれます。ですがアカゴケを食べるのは「タツナミガイ」

という奴だけらしいんですね…_:(´ཀ`」 ∠):



このタツナミガイ、カイと言っときながら、  アメフラシの一種なんですね(=^▽^)σ


まあ、あまり飼育されない生物ですから知らない方もいると思います、



アメフラシには毒がある♩

(ピクミ◯調で)


ええ、毒があります(・・;)


死んだ時や傷ついた時、威嚇などで出るらしいんですが、水槽内でどれほどの効果が出るかはわからないんですねσ(^_^;)


自然界において、タツナミガイではありませんが、アメフラシの毒でお魚は麻痺するらしいです。



死んだりした時のことを考えるとあまり入れたくはないですよね(´・ω・)


アカゴケは水換えするとすぐに消えるので水換えしましょうということでした。wwwww


マメ達も少しずつ咲き始めてようやく戻ってきたなぁというのが率直な感想になります!


最後になりますが、現在の写真を

f:id:kumasakanana:20180117204122j:plain


あ、少しレイ変されてます。

サンゴモエビも増えました。

コケリウム(海水)

こんにちは(*´∀`)♪

今回は珍しく早めの更新ですよ!

(いつ書き終わったかは知らない。

いつ書き始めたか、これが大切!)



久しぶりの水槽ネタでございます( ̄∀ ̄)

何故ここまで更新しなかったかと言うと、




いいことが何一つない!!!!!!


これに限ります.°(ಗдಗ。)°.


簡単に振り返りますと、

(今、前の記事見てきました。)

・シリキリ以外お魚全滅!理由は色々

メガネゴンベとヒトスジギンポの参加

・ライトの変更

・マメスナ、ナガレハナの投入



ええ、色々ありました。

お魚の全滅はかなり精神に大きな負担がきました(-_-)正直、今でも辛いですね…


ここ最近はマクロでおマメ撮ってるので


ドドン!

f:id:kumasakanana:20171115160051j:plain

ピンクなマメスナ。こちらは八重山産でございます。岩にびっしりなのを買いました。

f:id:kumasakanana:20171115160239j:plain

写真を加工すれば、ピンクレインボーな感じになります(^人^)


f:id:kumasakanana:20171115160431j:plain

ダースモール(*'▽'*)こちらは初めてのスイハイをした時に頂いたものです。スイハイ先の方の名前は伏せますが、知ってる方は知っているかと思います。

我が水槽(家では変だからね)で子株も生えて順調でした。でしたでしたでしたでしたでしたでしたでしたでした。



f:id:kumasakanana:20171115160945j:plain

イワスナの緑です。こちらもダースモールと同じ経路でのご対面。

現在では6株まで増えました∩^ω^∩

3日に1回満開の絶好調になってくれます。これが良いのかはわかりませんね(´・_・`)


f:id:kumasakanana:20171115161258j:plain

こちらはとある方から宅急便で頂いたおマメになります( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

ピンクグリーンと黄色のがありますが同じ個体なんですよ(`・ω・´)

ここまで個体差があるおマメはあまり見ませんよね!(僕の狭い見識に基づいてます。でも本当にレアなのでは?と思ってます。)

勝手に○○さんファンタジックおマメと命名しました ww


元株の方からもいい感じになってると言っていただき、このまま維持していきたい所存であります( ̄^ ̄)


f:id:kumasakanana:20171115161857j:plain

サニーD!!

こちらも前のマメスナと同じ経路でいただきました。現在では5株になりました!触手にラメのような白い点々があって触手まで見応えがあります(*゚∀゚*)


f:id:kumasakanana:20171115162311j:plain

ギンギラギンにさりげなく〜なく〜

輝いている赤マメです。こちらも同じ方からの頂いたおマメです。

普通の青白照明だと一見地味に見えるんですが、青スポットを当てるとギンギラギンに輝き出します!

子株にも赤の部分が増えているので今後はもっとギンギラしてくれるはずですo(`ω´ )o


f:id:kumasakanana:20171115162802j:plain

こちらは某有名マメスナ店で購入させて頂いたおマメになります。

このマメはマクロで輝きます!!!

子株はオレンジが入り、もっといい感じに育ってくれるでしょう( ・∇・)


f:id:kumasakanana:20171117171421j:plain




f:id:kumasakanana:20171117171614j:plain

f:id:kumasakanana:20171117171705j:plain

同じお店で購入。このマメはうまく写真に写らないので2パターン貼っときます(`_´)ゞ皆さんの中で上手く再現してくださいw


ナガレハナです。

f:id:kumasakanana:20171117172014j:plain

なんとお値段2000円!

正直なところダメ元で買いました(^^;;現在はお昼の間だけゆらゆらしてます。


2代目カエルウオf:id:kumasakanana:20171117172155p:plain

名前はヒトスジギンポなのでカエルウオと言えるかは人それぞれですね。昔にツイッターでアンケートを取ったら一緒と答えた人も違うと答えた人も五分五分でしたね。


この子にも長生きしてほしいです!



ゴンベ

f:id:kumasakanana:20171117172452j:plain

この写真は新入りのギンポに手を出して監禁された時の拗ねたゴンベです。今ではギンポの方が強くなってしまったのでケンカは無くなりました( ・∇・)

ちなみにシリキリを殺しかける程の戦闘力の持ち主です。



はい。

大体、振り返ることができました。

支えてくれた方々本当にありがとうございますm(_ _)m

これからも頑張りますのでよろしくお願いします!



え?コケですか?

f:id:kumasakanana:20171117172840j:plain

全てを飲み込みました。

それではさようなら。

奄美大島の調べ2

こんにちは(΄◉◞౪◟◉`)


前回の更新から2ヶ月、そして奄美から3ヶ月経とうとしてますが、書きます(-_-)zzz


何故こんなに書かなかったのか、読んでる人からしたらどうでもいい事を話します(*'▽'*)

前回話したように写真がないのでつまらないんです( ;∀;)文字だけ!そんなのは書きたくない!!!!


という訳です。


はい




という事で写真が無いところは省きます╰(*´︶`*)╯♡


時間は経って突然の最終日!

ビーチから見られるサンゴがあまりに少なく、納得できなかったのでツアーに参加して穴場に連れてってもらいました( ^ω^ )


自分では絶対に行かない、行けない場所から海に入りました。


しばらく泳ぎ……

f:id:kumasakanana:20171104211223j:plain

出てきたのは大量のトサカ!!!

そう!!こんなのが見たかった!!

この写真は加工して明度を上げてますが肉眼ではかなり近いと思います(°▽°)


え?魚がいない?  いやいや(^з^)-☆




f:id:kumasakanana:20171104215229j:plain

沢山居ましたよん( ^ω^ )

凹地になってて自然の美を感じます。

f:id:kumasakanana:20171104215541j:plain

シャコガイもトサカの森の中に!

サイズからするとヒメシャコガイですかね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )中々綺麗な模様ではないですか?ショップとかでも結構いいお値段しそう( ̄▽ ̄)(ゲスい話はやめましょうw)


トサカの森の中にはトサカではないモノも……

f:id:kumasakanana:20171104215800j:plain

おーおっきなのっぽの海キノコ🍄

多分海キノコであってます( ´_ゝ`)

僕が寝られそうなサイズですww

僕のサイズ知ってる人ほぼいないですね( ・∇・)


トサカの森はここまで!

しばし泳いで浅場のミドリイシエリアに入りました_(┐「ε:)_

f:id:kumasakanana:20171104220224j:plain

デバの稚魚ですね。この中で大きいのがお店で見る1番小さいサイズだったと思います( ͡° ͜ʖ ͡°)

写真でも分かりますが生きてるサンゴ、死んでるサンゴ…混在してました(^◇^;)

夏の間は温度が高くて死滅してしまうらしいので玄人は春か冬に入るらしいです。秋冬の間にだいぶ復活するそうですよ(´∀`*)

f:id:kumasakanana:20171104220634j:plain

基本的にはデバが多いですが多種多様でしたよ٩(^‿^)۶

という事で、お魚紹介に入りましょ♪

f:id:kumasakanana:20171104220811j:plain

クマノミ。この旅行では1番大きいなペア。

f:id:kumasakanana:20171104220902j:plain

モンガラハギ。写真の右側に居ます。居そうで居ない。そんな風に感じられました。奄美ではここでしか見られませんでした。お写真汚くてごめんなさい(´・ω・)ウェットスーツ着て4m……とてもきつかったです(~_~;)

f:id:kumasakanana:20171104221222j:plain

なんかの群れ。写真は加工してます。名前は覚えてませんが南の島で泳ぐ人はよく見る魚ですよね( ^∀^)

沢山居ましたよ〜ん。

f:id:kumasakanana:20171104221347j:plain


お次は

f:id:kumasakanana:20171104222705j:plain

黒い魚がいるのがわかるかと思います。あれはアマミ〜〜クロスズメです。ホテルの魚図鑑でチラッと見ただけなのでうる覚えです( ̄∀ ̄)名前からして固有種なんですかね?固有種ならとても有り難いですね!


f:id:kumasakanana:20171104222915j:plain

チョウチョウオ。大きいです。



魚はこの辺で🐟


f:id:kumasakanana:20171104221418j:plain

この様な丸いサンゴが多かったです。この後に深場に行きましたが、水の濁りが酷く、深いためいい写真もないので割愛!かめがいました。



このツアーはこれでおしまい。

時間は短くゆっくり見られなかったのは不満ですが、とても綺麗なものが見られましたd(^_^o)


ホテルに戻り、ホテル近くの海岸です。1日目にも入りましたが、干潮だったので違う表情を見してくれました(°▽°)

f:id:kumasakanana:20171104221830j:plain

うーん!晴天!ここで入ります。


f:id:kumasakanana:20171104221917j:plain

ロイヤルグラマとか、セナキリスズメの中間の様なカラーリングでした。何かはよく分からずじまい⊂*1


f:id:kumasakanana:20171104222106j:plain

こちらは写真では分かりにくいですが、綺麗なブルーのスポットが入ってました。名前は、〜ダムセルとかついてそうですw

f:id:kumasakanana:20171104222237j:plain

右の赤いの魚ですwwwww

とても小さく、速かったので撮るのが大変でしたσ(^_^;)これだけで特定できた方は教えて頂けると助かります。とても綺麗だったので気になります∩^ω^∩


f:id:kumasakanana:20171104222428j:plain

f:id:kumasakanana:20171104222445j:plain

f:id:kumasakanana:20171104222542j:plain

クマノミ!お写真の通りなんの説明もいらないかと。イソギンチャクはとても近いところにあります。


干潮時の楽しみ方に一言言わしてくださいm(_ _)m干潮なのでお子さんと安心して楽しめるのはよくわかります。でも最低限の知識を与えてあげてください。イソギンチャクは危ないし、サンゴを折ってはいけない……

海にもルールがあり、危険があります。どうかお子さんから目を離さず、色々教えてから遊んで欲しいです。



以上です!!

最後にあまり気持ちのよくない話もしちゃいましたが、お楽しみ頂けたのなら幸いです(´∀`*)


最後までありがとうごさいました。

さようなら〜






え?水槽?コケリウムになってます……


*1:・⊥・

奄美大島の調べ

こんにちは〜(`_´)ゞ

今回は久しぶりなのに番外編です( ̄∀ ̄)

アクアをやっていると必ず一回は海に行きたいと思いませんか?海に行ってからアクアを始めたという方も少なくないと思います。

そんな訳で私、クマは奄美大島に行ってまいりました(^_^*)


本題に入る前に軽く今の水槽の状態を説明しますと……

かなり酷いです( ˙-˙ )

魚はこのブログに書かれていた子はシリキリを残して全滅。今はゴンベとシリキリしか居ません。とても寂しいです。

ツイッターで仲良くさしてもらっているのソアラ氏からサンゴなど色々頂き、今は魚を控えサンゴを増やしています。ありがとうございました🙇

エビは順調です(*´ー`*)


さて、本題に

奄美大島には二泊三日で行ってきました。初日は軽い陸地での観光とチェックインで一箇所でしか潜れていません。

この海岸での一番の見所はウスコモンサンゴでした!

f:id:kumasakanana:20170824215848j:plain

凄い量ですよねψ(`∇´)ψ

この時、潮は満ちていたので水深3〜4メートル程だったと思います。同じ奄美大島でもここまでのウスコモンは他では見られませんでした。

魚はハギ類が多かったです(コーレタンやパープルタンなどに形がよく似ていました。)他にはヤマブキベラ、ヒレナガハギもいました!

飼っていた魚を海で見ると感慨深いものですσ(^_^;)

f:id:kumasakanana:20170831202334j:plain

f:id:kumasakanana:20170831202406j:plain

チョウチョウオもいました!とは言え、少なめでした…(; ̄ェ ̄)

f:id:kumasakanana:20170831202531j:plain

初日はこんな感じでした!

最初の印象としてはこんなものか…という感じでしたσ(^_^;)

私はこれまでの人生で宮古島石垣島西表島式根島に行って来ました。行った時期が2〜10年前なので白化現象が少なかったとしても見劣りしていました。(あくまで初日において)

こうして初日はおしまい。



2日目

3箇所潜りました!

しかし、悲劇が起きます……(T ^ T)

カメラの電池が消えました!

撮れたのはなんと1箇所だけ…


1箇所目

ここは凄いですよ!

計5箇所回りましたが、自分で行った中では1番の場所でした。

ここの一番の魅力は『種類の多さ』でした!サンゴも魚も多くの種類が見られました。

ではご紹介していきます!

f:id:kumasakanana:20170831205812j:plain

凄い青色ですよね( ̄▽ ̄;)水槽飼育における写真ならこんな感じの色は見たことがありましたが、まさか自然の海で見られるとは思ってもいませんでした(*゚∀゚*)

f:id:kumasakanana:20170831210139j:plain

ツノダシです!ニモでも出てきた有名な魚ですよね( ^ω^ )海水魚を飼育していない方でも知っている方は多いのではないでしょうか?この写真ではペアになってますが3匹で群れていたこともありました。

左の方にミスジチョウチョウオもいますね(゚∀゚)この海岸ではチョウチョウオが沢山居ましたよ!

というわけでチョウチョウオを

f:id:kumasakanana:20170831211752j:plain

f:id:kumasakanana:20170831211918j:plain

アミチョウチョウオとフウライチョウチョウオです( ̄+ー ̄)

やはりと言いますか当然と言いますかポリプ食でしたね(*・ω・)ノサンゴをツンツンしてました。

f:id:kumasakanana:20170831214256j:plain

ウミガメ様です!!!!!!!!!

アオウミガメかアカウミガメかはわかりません٩( ᐛ )و体調は60センチ程だったと思います。海でカメを見たのは初だったので大興奮でした(●´ω`●)

f:id:kumasakanana:20170831214704j:plain

伝わりにくい写真になりますが、インドキンギョハナダイです。インドじゃないのにインドキンギョハナダイwwもしかしたらインドキンギョハナダイではないかもしれませんが1番近い見た目はインドキンギョハナダイでした。(インドキンギョハナダイが多くて一人で笑う)

f:id:kumasakanana:20170831214940j:plain

アブラヤッコでございます・:*+.\*1/.:+この旅初めてのヤッコです!写真はありませんがナメラヤッコも居ました。

f:id:kumasakanana:20170831215040j:plain

オヤビッチャとよくわからない魚。

オヤビッチャが一番多い魚だったかもしれません(`_´)ゞ

よくわからない魚はよくわからないので調べるのも断念しました!


しかし、この海岸の途中でカメラの電池が切れてしまったのでお写真はこれだけです。3日目はカメラが復活するので次回ご期待ください。

これ以降は文字だけになりますm(_ _)m


他にいた魚で1番の大物はハリセンボン!あとはアケボノチョウチョウオ………ぐらいでしたーww

これ以降とか言っといて以降がほとんどありませんでしたね(*・ω・)ノ


次回は2日目、3箇所目から最終日まで!

それではさようなら〜・:*+.\*2/.:+

*1: °ω°

*2: °ω°